雪見御膳を楽しむツアー

申込受付中
越後湯沢駅発着、集落のお母さんがもてなす雪見御膳をお腹いっぱい満喫できる日帰りツアー。もちろん冬のアート作品も楽しめます。
【立ち寄り作品】Tunnel of light(清津峡渓谷トンネル)、最後の教室、まつだい農舞台、越後妻有里山現代美術館 MonET

※大雪の影響により清津峡渓谷トンネルが休抗する可能性がございます。その場合、他の作品への立ち寄りに変更させていただきます。
※雪見御膳の会場により立ち寄りの順序が異なります。ツアー催行前に送信する旅程表をご確認ください。

詳細をみる

9:30 越後湯沢駅(東口バスターミナル)発
40分
10:10 トンネル全体がアート作品に
マ・ヤンソン / MADアーキテクツ「Tunnel of Light」(清津峡渓谷トンネル)
1600万年もの大地の歴史が生んだ、日本三大峡谷の1つ、清津峡。全長750mのトンネル内で、渓谷美とアートの融合を眺められる。季節ごとに異なる大自然の絶景も必見。
※大雪の影響により清津峡渓谷トンネルが休抗する可能性がございます。その場合、他の作品への立ち寄りに変更させていただきます。
45分
11:50 越後妻有地域を代表する現代美術館で、雪上の企画展も
越後妻有里山現代美術館 MonET/連続企画展vol.4 田中藍衣展
大地の芸術祭において十日町エリアの中心となる拠点施設。冬になると真っ白な雪原に変貌を遂げるMonET中央の池に、冬期限定のアートが展開される。モネ連続企画展vol.4 田中藍衣展も開催中。
10分
12:05 昼食は地元ならではの「ハレの日」の味を堪能
【昼食】雪見御膳
どの集落に立ち寄るかは直前までのお楽しみ。地元産の食材を使い、集落のお母さんが献立を考えて丹精込めて作る料理の数々は、厳しい冬の間でも力強く生きていくために栄養豊富で美味しく満足できるよう工夫されている。かつて集落内の冠婚葬祭で使われ、大切に保管されてきた漆器で提供される。(写真はイメージ)
30分
13:50 雪の里山で遊ぶ
まつだい「農舞台」/企画展「里山雪の遊園地2024(仮)」
大地の芸術祭において松代エリアの中心となる拠点施設。雪の里山で、突如異質な植物が生えだしたかのようなアート作品と、スライダーや迷路など雪上アクティビティを楽しめる。
25分
15:30 廃校全体を作品化した大型インスタレーション
クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」
1年の半分近くもの間を深い雪で閉ざされる地域で、かつての小学校の記憶を学校全体に密度濃く、重く閉じ込めた作品。現代アート作家と照明作家がタッグを組み、五感に訴える表現で鑑賞者を別世界に誘う。
50分
17:00頃 越後湯沢駅 到着/解散
ご注意点

※天災や道路状況により、旅程を変更または中止する場合があります。

※終着地への到着時間が前後する場合があります。お帰りの新幹線は、余裕を持った時間でのご予約をお願いいたします。

※作品を鑑賞するにあたり、雪の上を歩きます。足首丈以上のスノーブーツまたは長靴でお越しください。

開催概要

日程 2024/3/2(土)~3/10(土)の毎週土日
料金 旅行代金:一般15,500円/小学生~中学生12,000円/幼児(3歳~5歳) 5,000円/3歳未満 0円(食事・バス座席が必要な場合は幼児料金)
※バス代、ガイド代、昼食代、作品鑑賞料、消費税込
締切 催行日の前日18時まで
始点/終点 越後湯沢駅東口バスターミナル
交通手段 貸切バス(南越後交通)
定員 最小催行人数:1名
主催 旅行企画・実施:新潟県知事登録旅行業地域‐440号 NPO法人越後妻有里山協働機構 新潟県十日町市松代3743⁻1(一社)全国旅行業協会正会員
備考
個人のカスタマイズツアーや旅行会社のオリジナルプランなどのご相談も、お気軽にお問い合わせください。
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。