越後妻有「上郷クローブ座」

作品情報と地図

【2021年8月1日更新】
8月1日、津南町で7名の新型コロナウイルス感染者が確認されました。感染拡大防止のため、津南町内施設である「越後妻有『上郷クローブ座』」、および「香港ハウス」は、8月7日~当面の間休館となりました。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

舞台は 2012 年に閉校した新潟県津南町立上郷中学校。リノベーションして2015 夏に誕生した越後妻有「上郷クローブ座」は、越後妻有地域で開催されている「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」におけるパフォーミング・アーツの拠点として構想されました。パフォーマーが自然豊かな地域で滞在しながら、作品を制作し上演できるこの施設は、地域におけるパフォーミングアーツにおける可能性を探り、都市と地域の交換の場となることを目指しています。大地の芸術祭の開催期間以外には、音楽・ダンス・演劇など、プロアマ問わず、滞在制作・合宿稽古・公演を行いたいという団体利用者を募集しています。
※2021年の宿泊予約については、準備出来次第改めてご案内いたします

  • 宿泊/合宿受付:随時
  • 受付開始日:随時 ※宿泊日の7 日前まで
  • 料金:体育館利用者(体育館使用料は別途有料):2,000円~、宿泊のみの利用者:3,800円~
  • 利用人数:8名様からお受けいたします
  • 予約方法:コチラ

施設情報と地図

営業時間 10:00-17:00(不定期開館) /11月末~4月下旬休館
※2021年の宿泊予約については、準備出来次第改めてご案内いたします
電話番号 025‐755‐5363
料金・入館料 一般500円、小中250円(香港ハウス共通)
関連サイト http://www.clove-theatre.jp
住所 津南町上郷宮野原7-3
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。