井橋亜璃紗

日本

ビジュアルプリントアーティスト。ロンドン芸術大学でファッションとテキスタイルデザインを学び、2017 年に帰国。帰国後は「日常から生み出される非現実的世界」をコンセプトに作品を制作している。すべての作品には共通して、鑑賞者の脳にダイレクトな刺激を与える大胆で鮮烈なビジュアルイメージと独特な模様や奇抜な色彩モチーフによって表現されている。展示やコンテストを通じて国内外に作品を発表している。2019年DIGITAL-NONREPRESENTATIONAL-部門6位,2020,2021年 International Artist Grand Prize in Taiwanファイナリスト
≫オフィシャルサイト

作品紹介

他の作品・作家

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。