森山未來「タイトル未定」

開催概要

クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」photo T.Kuratani

2006年にクリスチャン・ボルタンスキーとジャン・カルマンが手がけた「最後の教室」を舞台に、森山 未來がパフォーマンスを行う。「今はすでにない、かつてはそこに在ったもの。それを突きつけるが故に立ち上がる圧倒的な「不在」。 枯れた稲藁は収穫の終わりを象徴すると同時に、 新しい萌芽を呼び込む大地にもなる。吹雪によって生まれた全てを飲み込む雪塊の化け物は、いつかは雪解けを迎え命の水となる。在/不在を対置させるクリスチャン・ボルタンスキーの仄暗くも美しい輪郭を持った世界観、越後妻有の土地が持つ習俗などからインスピレーションを受けたパフォーマ ンス作品になるだろう」

トップ写真:森山未來 ©️Takeshi Miyamoto

森山未來/PROFILE

5歳から様々なジャンルのダンスを学び、15歳で本格的に舞台デビュー。2013年には文化庁文化交流使として、イスラエルに1年間滞在、Inbal PintoAvshalom Pollak Dance Companyを拠点にヨーロッパ諸国にて活動。カテゴライズに縛られない表現者として活躍。映画「アンダードッグ 」で第75回毎日映画コンクール男優主演賞、第94回キネマ旬報主演男優賞を受賞。監督作品「in-side-out」が”SSFF & アジア 2021”でコンペティション作品にノミネート。2021年3月11日に京都・清水寺で行われたパフォーマンス「Re:Incarnation」の総合演出を務め、6月には岡田利規 作・演出「未練の幽霊と怪物」に出演。2020東京オリンピック開会式では鎮魂の舞を踊った。ポスト舞踏派。
≫オフィシャルサイト

開催概要

日時 9/10(土)、11(日)  ※時間は調整中。決まり次第ご案内予定
場所
料金 一般前売4,000円、 一般当日5,000円(パスポート割引4,500円)、 小中高(前売・当日ともに)2,500円 
※作品入館料含む

※7月上旬販売開始(オンライン/現地)
※現地案内所・施設での販売場所:越後妻有里山現代美術館 MonET、まつだい「農舞台」、苗場酒造、越後妻有「上郷クローブ座」、十日町駅総合案内所、まつだい駅総合案内所

関連イベント

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。