お子様連れにぴったり! 家族で楽しめるモデルコース

2021/7/24

お問い合わせ窓口

子どもが遊べる作品やワクワクする作品

体育館の遊具も使って大きなスゴロクに自分たちが駒となって遊べる新作「妻有双六」。山の頂にある松代城内の作品。学校全体が“空間絵本”となり、校庭ではヤギの親子が迎えてくれる「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」。ヘビやカエルや虫…たくさんの生きものたちが待ち構える「『森の学校』キョロロ」--。越後妻有には子どもたちが走り回れる野外アートや遊べる作品もたくさんあります。そんな作品を楽しめる、家族向けモデルコースをご紹介します。行先を迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

田島征三「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」(photo Yanagi Ayumi)

越後妻有里山現代美術館 MonET (photo Yoneyama Noriko)

原倫太郎+原游「妻有双六」(かたくりの宿内作品/Photo Kioku Keizo)

関根哲男「帰ってきた赤ふん少年」(photo Yanagi Ayumi)

草間彌生「花咲ける妻有」(photo Yanagi Ayumi)

ほかにも交通手段などにあわせて多様なコースをご用意しています。サイクリングを楽しみたい方にもオススメなモデルコースなどもありますのでご活用ください。

お問い合わせ窓口

「大地の芸術祭の里」総合案内所 広報担当
住所 〒948-0003 新潟県十日町市本町6越後妻有里山現代美術館[キナーレ]内
TEL 025-761-7767
Fax 025-761-7911
E-mail info@tsumari-artfield.com
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。