里山フードコート

作品情報と地図

まつだい「農舞台」に、ソーシャルディスタンス十分で安心、そして抜群におもしろいフードコートが出現します。人気の「越後まつだい里山食堂」の新作ランチに加えて、アーティスト豊福亮が作るエキゾチックなテイクアウト用フードコート、日にち限定の屋外「里山BBQ」など、お好みの食事を選んで楽しめます。ご家族やご友人と、夏の思い出に残るランチタイムをどうぞ!

豊福亮によるテイクアウト用フードコート

まつだい「農舞台」ギャラリー全面に、アーティスト豊福亮が手掛けるフードコート「神加味中心(かみがみちゅうしん)」が出現します。里山食堂のテイクアウトメニューをお召し上がりいただけるほか、見学のみもOK。

Photo by YONEYAMA Noriko

選べるランチメニュー

会期中は、「越後まつだい里山食堂」のランチ・カフェメニューを店内だけでなく、ギャラリーフードコート「神加味中心」でもお召し上がりいただけます。屋外では「里山BBQ」のほか、里山食堂のテイクアウトメニューを1Fピロティスペースでもお楽しみください。
*ギャラリーフードコートは入館料または共通パスポートが必要です。
*「里山BBQ」は実施日をご確認ください(事前予約可)。

*ご利用に際して、コロナウィルス感染防止策のためマスク着用や手指消毒、間隔を取っていただくようお願いする場合がございます。ご協力をお願いいたします。


イベント

里山BBQ

実施日:7/23(木祝)~26(日)、8/2(日)、8(土)~16(日)、22(土)、23(日)、29(土)、30(日)

まつだい「農舞台」屋外の開放的な芝生スペースで、まつだい棚田バンクのおにぎりを頬張りながら、夏野菜と妻有ポークのBBQを楽しみませんか?オプションで採れたて食材をご一緒に。有機野菜の収穫体験や蜂蜜採取体験で夏の里山の思い出も!

料金:大人2,700円 小中学生1,500円 未就学児無料(バーベキュー道具一式貸し出し、野菜、妻有ポーク200g、まつだい棚田バンクのおにぎり、オリジナルソース、城山に棲むミツバチさんのハチミツがけアイス、お水) 2名~受付

時間 11:00~最終受付14:00(売り切れ次第終了)

当日受付場所 まつだい「農舞台」ピロティ受付(11時~14時)

お問い合わせ まつだい「農舞台」025-595-6180


里山BBQオプション 有機野菜の収穫体験(要予約)

実施日:7/25(土)、8/2(日)、8(土)、15(土)、22(土)、29(土)

〇料金 里山BBQ料金+500円/1名 未就学児無料 先着5組
〇時間:10:00-11:00(11:00~里山BBQ)

*里山BBQご利用のお客様を対象としたオプショナルメニューです。収穫体験のみのご参加はできません。
*里山BBQはご予約優先、空席有の場合当日受付可。ただし売切れ次第終了。
*里山BBQ、収穫体験ともに荒天時は見合わせる場合があります。


越後まつだい里山食堂

夏野菜とまつだい棚田バンクのおにぎりをメインに店内とテイクアウトでお楽しみいただけるメニューを展開。まつだいの旬の食材を使った日替わりのライスボウルや夏野菜のサンドウィッチも。お子様とご一緒ににお楽しみいただけるメニューもご用意。ご家族みんなでお越しください。
*里山ビュッフェは当面の間お休みです。

[店内限定メニュー]
おむすびセット1,200円 こどもおむすびセット 600円

[テイクアウト可能メニュー]
日替わりライスボウル、おむすび竹皮包み、サンドウィッチなどパンメニュー、惣菜サイドメニュー、ドリンク、アイスクリームほか

営業時間:10:00-17:00(L.O16:30)ランチ11:00~14:00
お問い合わせ:025-594-7181

おむすびセット

豊福亮

toyofuku
1976年東京都生まれ。2000年株式会社OfficeToyofuku 創設、千葉美術予備校創立、学校長就任。美術に関わる人材の育成に取り組む一方、芸術祭を中心として自身の作品を展開。大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2006、09、12、15、神戸ビエンナーレ2007、瀬戸内国際芸術祭2010, 13 参加。

開催概要

日時 2020年7月23日(木祝)〜8月30日(日)10:00〜17:00
※7月28日(火)、29日(水)、8月5日(水)、19日(水)、26日(水)は休館
場所

まつだい「農舞台」
(十日町市松代3743-1 )

料金 一般600円、小中300円
2020夏共通パスポート利用可
会期中何度でも入館可
備考

問合せ 025-595-6180

関連イベント

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。